いつまでもきれな肌でいるために

スキンケアとアンチエイジングについて解説

no image

「肌に潤いが感じられないといった肌状態の時は

一日当たりに摂るべきすっぽんコラーゲンの量を数値で言えば、5000mg~10000mgだと聞いております。すっぽんコラーゲンの入った健康補助食品やすっぽんコラーゲンの入ったドリンクなどをスマートに利用 …

no image

人気のプチ整形のような感覚で

老けて見えてしまうシミを薄くしたい場合は、ハイドロキノンにビタミンC誘導体が入っているような美容液が効果を期待できると言えます。ただ、敏感肌に対しては刺激となりますので、注意して使用するようお願いしま …

no image

美肌効果のあるヒアルロン酸は

セラミドなどで組成される細胞間脂質は角質層にあるもので、水分を抱え込んでしまい蒸発を防いだり、肌の豊かな潤いをキープすることでお肌のキメを整え、加えて衝撃吸収材のごとく細胞をガードする働きがあるとのこ …

no image

各種のビタミン類とかコンドロイチン等を摂るなどすると

本来は試用のために提供されているトライアルセットを、旅行の際にお使いになる方も結構いらっしゃいますね。値段について言えば高くなく、特に大荷物でもないのですから、あなたもトライしてみたらその便利さが分か …

no image

脂肪の多い食品は

通常肌用とかニキビ用、皮脂を抑えたい人用とか美白用など、化粧水のタイプに応じて分けて使うことが大切です。カサカサ肌には、プレ(導入)化粧水が有効です。スキンケア向けの商品で魅力的だと言えるのは、自分の …

no image

化粧水が自分の肌と相性がいいかどうかは

肌の細胞が入れ替わるターンオーバーの周期が乱れてしまっているのを修復し、正しく機能するようにしておくことは、美白という視点からも極めて大切だと言えるでしょう。日焼けばかりでなく、寝不足だとかストレス、 …

no image

いろいろな美容液があって迷いますが

美白の有効成分というのは、国民の安全な生活に役立っている厚生労働省の元、薬事法でいう医薬部外品のひとつとして、その効き目が認められているものであって、この厚生労働省に認可されている成分でないものは、美 …